ディーシーティーストーリーの取締役は?ドリカムを名乗る詐欺とは?

ドリカムから詐欺に気を付けてと注意喚起!

 

どうも、ぶんくもです。

ドリカムが所属する芸能事務所から異例の注意喚起が載せられていますね。

 

ドリカムを語る会社があるそうです。

その名前は「ディーシーティーストーリー株式会社」です。

ドリカムが所属するのは「株式会社ディーシーティーエンタテインメント」です。

 

かなり紛らわしいですが、始めて聞いた人は関連会社かなにかだと勘違いしそうです。

社名や、住所、商標登録しているものまで使用しているそうです。

 

社名が似ているだけなら、ギリギリ大丈夫かな?とも思います。

社名が似ていても、全然違う職種とかありますからね。

 

でも、これはちょっとアウトかなぁ。


スポンサードリンク

株式会社ディーシーティーエンタテインメントの関連会社は?

そもそも、関連会社があるのか気になります。

公式のホームページを確認してみると、別名義の関連会社は見つかりません。

ですので、類似する会社名はドリカムとは無関係です。

 

使われている名前やサービスをちょっとまとめておきます。

  • DCT garden
  • DCT records
  • Power plant(ファンクラブ)
  • ドリクマ、ワルクマ(LINEスタンプ)

 

これに類似する名前は要注意!なんですが・・・

今回のホームページの注意書きを見てみると「名前を無断で使用する」と記載されているので、更に注意が必要ですね。

 

怪しい販売サイトに気を付けるのはそうなんですが・・・

この「ディーシーティーストーリー株式会社」を名乗る会社の詳細が全然見えてこないんですよね・・・


Sponsored Links

ディーシーティーストーリー株式会社の取締役は?

今回のドリカムが指摘して上げている会社名が「ディーシーティーストーリー株式会社」です。

なんともややこしいですが、ドリカムが所属している会社は「株式会社ディーシーティーエンタテインメント」です。

 

ディーシーティーストーリー株式会社の名前で検索してみると、元AKBの梅田綾乃さんの情報が出てきます。

 

梅田綾乃さんの所属する芸能事務所の名前が「ディーシーティーストーリー株式会社」と同じ社名なんです。

 

ですが、今回ドリカムが指摘する会社とは関係ない会社だと思います。

電話番号も違いますし、登録している会社の住所も異なります。

 

既存の会社名を語った全くの別人ならなおさら悪質です。

なので、梅田綾乃さんもとんだトバッチリですよね・・・

 

Web上に情報がない芸能事務所というのは、今のご時世ほとんどありません。

ドリカムを語る会社からコンタクトがあったら、まずは本家の「株式会社ディーシーティーエンタテインメント」に相談するべきですね。

 

でも、最後にちょこっとだけ気になる事があります。

梅田綾乃さんのカレンダーの販売元は、確かに「ディーシーティーストーリー株式会社」です。

これは間違いありません。

 

その販売責任者として「宮田健吾」というお名前があります。

この「宮田健吾」さんを調べてみると、ドリカムのコンサートにも関わっている方なんです。

ウィキペディアの情報が必ずしも正しいとは限りませんが、それだけが引っかかります。

 

まとめ

名前が似すぎていて、このブログを書いていても混乱してきます。

芸能人を語る詐欺は、やり口を変えて新しいものがどんどん出てきますね。

事務所も、個別で対応するのは大変そうです。

 

個人同士の売買やオークションは自己責任ですが、名前がそれっぽいと騙されてしまいますね。

一番安全なのは、公式のホームページから購入する事です。

ちょっとの安さに目がくらんで・・・なんて事がない様にしたいものです。

 

ではでは、この辺で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です