斉藤元章(PEZYComputing)の経歴や学歴は?スパコンに水冷を導入!

ペジーコンピューティングの社長が凄すぎる件!

 

どうも、ぶんくもです。

プロフェッショナル仕事の流儀に出演する斉藤元章さんです。
スーパーコンピューターの開発者として紹介されます。

 

スパコンって、日本だと「京」が有名ですね。

いまや懐かしい名言となった蓮舫さんの「一位じゃないとダメですか?」が話題になりました。

あの事業仕分けってどうなったんでしょうか?

 

さて、そんな「京」を超えたスパコンが実は作られたんですね。

スパコンの開発者の斉藤元章さんに迫っていきます。


スポンサードリンク

齊藤元章(さいとうもとあき)のプロフィール!

名前:齊藤元章(さいとうもとあき)

年齢:49歳

経歴:

  • 1986年 新潟高校卒業
  • 1992年 新潟大学区医学部卒業
    東京大学医学部付属病院放射線科に入局
  • 1997年 世界初の4次元CT表示法を発表
    スタンフォード大学教授からの招待され渡米
    TeraRecon, Inc.設立
  • 2003年 「Computer World Honors」(米国コンピュータ業界栄誉賞)を医療部門で受賞
  • 2004年 東京大学大学院医学系研究科・医学部を卒業。医学博士。
  • 2010年 株式会社PEZY Computing(スーパーコンピューター・超並列メニーコアプロセッサ開発)を設立。
  • 2012年 東京大学に産学連携共同講座を開設。
  • 2013年  東京工業大学に産学連携共同講座を開設。
    ウルトラメモリ株式会社(超広帯域3次元積層メモリ開発)を設立。
  • 2014年 株式会社ExaScalerを設立。
    世界コンピュータ・ランキング消費電力性能部門(Green500)で、2位になる
  • 2015年 日経BP社「第14回 日本イノベーター大賞」を受賞
    世界コンピュータ・ランキング消費電力性能部門(Green500)で、「Shoubu」・「Suiren Blue」・「Suiren」の3台が「第1位~第3位」を独占
  • 2015年、日経ビジネスが選んだ100人に選出[
  • 2016年(平成28年) -「Infinite Curation」設立
  • 2016年(平成28年) – 「Deep Insights」
  • 2016年(平成28年) – 12月6日、「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016」受賞

引用元

 

なんか目が痛くなるくらい経歴が多くありません?(笑)

ウィキペディアから抜粋しましたが、細かすぎてよくわかんないって人はここから読んで下さい!

要約すると・・・

  • 新潟の出身で、新潟大学の医学部を卒業
  • その後、日本で恐らく一位の東大の放射線科に勤める
  • その時に開発したなんかスゴいCTが認められて渡米
    (この時点から超大物の予感がプンプンします^^)
  • アメリカで法人作ったり、コンピュータ業界でスゴイ賞をとる
  • 日本に凱旋して、今度は東大の大学院の医学部を卒業
  • 日本で会社作ったり、大学と提携したり、メモリの開発したりする
  • 開発したスパコンが世界中で評価され、1位~3位を独占する
  • その後も、スパコン業界で無双しまくっている。

 

一言いいですか?

医者じゃ満足できなかったんですか?(笑)

医者になるのも大変なのに・・・今やっている事はスパコンの開発者です。

頭が良すぎる人ってなんかぶっ飛んでますよね。

 

スパコンの処理能力の向上は、医療の世界に革新を起こすと言われますね。

セカンドオピニオンをスパコンで診察するって話も聞いた事があります。

 

初めは、医者として医学の道を目指していた。

最終学歴は、東大の大学院です。

しかし、医者として目の前の患者を救うをよりも、スパコンの科学者としてもっと多くの患者を救おうとしている感じがしますね。

 

その結果が、世界のスーパーコンピューターの中で1位~3位まで独占するんです。

天才っているもんですよね。
もちろん、人並みならぬ努力もしていると思いますが・・・

 

ちょっとでいいので、私にそのやる気と才能を分けて欲しいものです^^

一体、どんなスパコンを開発したんでしょうか?


Sponsored Links

今までのスパコンとPEZYComputingは何が違うの?

一番画期的な事は、空冷から水冷に変えた事です。

簡単に言うと、扇風機で冷やしてた物を水(液体)で冷やすようになったんです。

 

スパコンに限らず、パソコンはかなり熱を持ちます。

CPUと言われる人間で言う「脳」にあたる所は、かなり熱を持ちます。

人間と同じ?(笑)で知恵熱を出しまくります。

 

冷却してなければ、すぐに発火するレベルの熱です。

そりゃあ、人間様も勝てません^^

 

その頭を冷やす方法を画期的に変えたんです。

以前に有名になった「京」はこんな感じでした。

なんか・・・凄い感じしますよね?

でも、斉藤元章さんが開発した「Shoubu」は一味違います。

ペジーのスパコンは、完全に液体に使っています(笑)
やる事が違いますよね!

ちなみに、フッ化炭素だそうです。

 

イメージするなら、今まで扇風機で冷やしていた物を氷水で冷やす感じですかね?

そりゃ、性能も上がる訳です(笑)

 

まとめ

ちなみに、斉藤元章さんは62件の特許を出願しています。

並の開発者じゃないですよね。

こういう世界に誇れる日本人が、日本を拠点に活躍しているのは嬉しいものです。

 

スーパーコンピューターの進歩は、医学だけではなくすべての業界に革新をもたらすはずです。

医療のために目指した事が、もっと多くの人を救い、役に立つ時がくるかもしれないですね!

今後の齊藤元章さんの活動に期待です!

 

ではでは、この辺で!

ペジーコンピューティングのスーパーコンピューター開発者齊藤元章さんについてでした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です