セオンエディの経歴が凄い!ジャニーズを辞めた理由やグループ名は?

プロバスケBリーグの西宮ストークスの注目選手が凄い件!

 

どうも、ぶんくもです。
2020年東京五輪では、3人制のバスケットボールの種目が追加されます。

 

その日本代表候補のして選ばれた選手の経歴が変わっているんです。

選手の名前は、Bリーグの西宮ストークスに所属するセオン・エディさんです。

 

お名前は完全に外国人ですが、日本生まれ、日本育ちのハーフです。

お父様はトリニダードトバゴ出身のアメリカ人です。
お母様が日本人です。

見た目は、完全にファンキーな外国人ですけどね(笑)

 

さて
今後注目されそうな異色のプロバスケット選手をチェックしていきます。

ジャニーズを辞めた理由とか気になりますよね。


スポンサードリンク

セオン・エディ選手のプロフィール!

  • 名前:セオン・エディ(Seaun Eddy)
  • 父:トリニダード・トバゴ出身のアメリカ人
  • 母:日本人
  • 年齢:26歳
  • 出身:東京都
  • 身長:190cm
  • 体重:78kg
  • 所属:西宮ストークス
  • ポジション:シューティングガード(SG)

 

やっぱりデカイですねぇ。

バスケット選手の身長はかなり憧れます。

そしてイケメンなら羨ましさしかありません!

 

お父さんやお母さんもかなりの美形なんでしょうね。

英語も日本語もペラペラ話せるバイリンガルです。

ツイッターやインスタは英語で溢れています。

 

高校までは、日本のインターナショナルスクールに通っています。

授業は基本的に英語ですからね。

英語もその時に習得してます。

 

最近は日本人同士の子供でも、インターナショナルスクールに入れたがる親が増えているそうです。

日本語は家庭かその生活圏内で習得できますからね。

英語が喋れるのと同時に、勉強できれば最高です。

 

しかし、インターナショナルスクールだとちょっとした弊害もでるそうです。

ちょっと小話を・・・

 

私の友人にも完全に日本人(ハーフでもない)でインターナショナルスクールに入ってた友人がいました。

高校受験から日本の学校に変更したんですが、国語が苦手でした。

そして、大学受験でも国語に苦戦していました。

本人曰く「小さい頃から難しい日本語読んだことなかったからなぁ。小説とか現代文の意味がわからんわ!」と嘆いてました(笑)

 

でも、英語は毎回9割近くの点数です。センター試験で言うと200点満点中180点が平均でした。

 

セオン・エディもそんな高校時代を送ってきたと勝手に想像しつつ・・・

大学はアメリカの大学へ進みます。

やはり国語が苦手だったかもしれません(笑)


Sponsored Links

セオンエディは元ジャニーズJr!辞めた理由は?

日本のアイドルと言えば、ジャニーズ!

セオン・エディさんはそんなジャニーズ事務所に所属していました。

 

ジャニーズジュニアで所属していたグループ名は「Johnny’s Universal」です。

当時のTOKIOのバックダンサーグループとして、2005年に結成されています。

嵐のバックダンサーをやっていた事もあります。

 

ちなみに、兄のラファイ・エディも同じくジャニーズジュニアに所属してました。

兄弟で、更にハーフでジャニーズって珍しくないですか?

お兄ちゃんもイケメンなんだろうなぁ。

イケメン一家でマジで羨ましいですよね!

 

これが、ご家族の画像です。

Seaun Eddyさん(@seauneddy)がシェアした投稿

 

さて
ジャニーズジュニアを辞めた理由は何でしょうか?
当時の情報も少なく、はっきりと本人がコメントを残している訳ではないようです。

ファンからすると自然にフェイドアウトしていった感じかもしれません。

 

でも、普通に考えると学業に専念したかったですね。

かなり勉強ができたセオン・エディさんです。

彼の出身大学やその後の就職がそれを物語っています。

 

セオン・エディの大学と就職先は?

高校卒業後は、日本の大学ではなくアメリカの大学へ進学します。

コロンビア大学で工学を専攻し、クレアモント大学で、経済を専攻します。

 

アメリカの大学の名前を言われても、ピンとこないよ・・・という方へ

コロンビア大学は、世界の大学ランキングで12位です。
ちなみに、東大は11位です。

学力的には、日本の東大生と同等なんです。

これって、凄くないですか?

 

そんな優秀なセオン・エディさんは、卒業後もアメリカで世界的なコンサルティング会社に就職します。

もう、人生勝ち組決定です(笑)

コンサル業は、アメリカでも花形の職業です。

年収も相当なものがあったはずです。

 

しかし、日本の3対3のプロリーグに参加するため、日本へ帰国します。

それからも、日本のコンサルティング会社に勤務しながらバスケットを続けます。

 

バスケに対する情熱はかなり強いみたいですね。

その後、西宮ストークスへの入団をきっかけにコンサルティング業を辞めます。

この決断って、普通の人じゃできないですよねぇ。

収入は相当減ったはずです。

 

まとめ

スポーツ選手としても応援したくなるようなセオン・エディさんです。

 

2020年の東京五輪には、日本代表選手として出場するかもしれません!

当時のファンも、大喜びですよね。

元ジャニーズと言うことで、注目されましたがバスケでも実績を残してほしいですね!

 

今後の活躍に期待です!

異色のプロバスケット選手セオン・エディさんについてでした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です