金剛筋シャツの評価や効果は嘘?実際に試した感想をぶっちゃけます!

どうも、ぶんくもです。

最近の課題は、ダイエットです。

年齢と共に痩せにくくなり、完全なポッコリお腹のオジサン体型になってきました。

 

若い頃は、ちょっと食事制限すればすぐ痩せられたのですが・・・

今は一時的には体重が落ちても、すぐにリバウンドします。

ぶんくもさん

リバウンドする度に、体重は変わらないのに見た目はどんどんプヨプヨな体になっています。

 

明らかに無理な食事制限で、筋肉まで一緒にそぎ落とされています。

キチンと健康的に痩せるには、やはり筋肉を着けてから痩せるしかありません。

 

そこで、筋トレを始めようと思ったんですが・・・

過去に何度も筋トレ+ダイエットに失敗してきたぶんくもです。

今回も継続させる自身は全くありません!

 

そこで、色々と調べてみると「加圧シャツ」なるものがあるじゃないですか!

着ているだけで痩せれるみたいな事を書いてますが、本当ですかね?

 

これは・・・着てみるっきゃない!

という事で、実際に購入して着てみました。

今回購入したのは、「金剛筋シャツ」という商品です。

 

あの筋肉芸人の品川庄司さんも、使用している一品です。

 

現物を見たい方はこちらからどうぞ!

金剛筋シャツの公式ページはこちらから!

金剛筋シャツを購入した時の私の体型!

購入した当時の私の身体的なデータです。

  • 身長:166cm
  • 体重:76kg
  • 胸囲:96cm
  • ウエスト:101cm
    (おへそ周りです)※一番出ているところを計ってます
  • 体脂肪率:28%

 

完全なメタボ体型です(笑)

ウエストが100cmオーバーなのには、ちょっと凹みます。

体重が増えていた事に目をつむっていたら、こんなことになってたんですね。

皆さんは大丈夫ですか?最近体重計に乗りました?(笑)

気付いたら、大変なことになっているかもしれませんよ!

 

奥さんに、ウエストを計ってもらったんですが・・・目が見開いてました。

と同時に、軽蔑の視線が痛くて・・・これは痩せるしかない!と決意を新たにするぶんくもです。

 

金剛筋シャツのサイズ感は?

実際に商品が到着するとテンションが上がりまくります。

と同時に不安な気持ちにもなりました。

何故かと言うと、かなりサイズが小さいんですよね・・・

これ本当に着用できるのか?ってレベルの小ささです。

 

実際の画像がこちらです。

後ろのTシャツは、普段着けている洋服の中でもかなりピタっとしたTシャツのサイズです。

 

これ・・・ちょっとビビりませんか?(笑)

これ今から着るの?って感じです。

初めのうちは、着用するのにも一苦労します(笑)

 

実際に着用した感じがこんな感じです。

この時点で結構締め付けられています。

ただ座っているだけで、少し体がポカポカし始めます。

 

初めて着けると少し苦しい感じはしますが、段々と慣れてきます。

逆にこの締め付けてくる感じが癖になります。

 

始めのうちは、張り切って外出するのではなく、家で少し体を慣らしていくといいと思います。

外で脱ぎたくなっても、簡単に脱げないですからね!

 

私のサイズですと、LサイズとMサイズの間くらいでした。

ですが、あえてMサイズを選びました。同じくらいのサイズで迷っている方はMサイズをおすすめします。

痩せたら、締め付けが緩くなっちゃいますからね。

 

サイズの一覧はこんな感じです。

もっと詳しく確認したい方はこちらからどうぞ

金剛筋シャツの公式ページはこちらから!

金剛筋シャツの肌触りや着用した感想は?

長く着用するものだから気になりますよね。

サイズ感は先に説明した通りです。

あとは、着心地がどうか?ってところですが・・・

 

材質は、ストッキングの様な肌触りです。

ストッキングの生地がスパッツになったような感じですかね。

チクチクするような刺激はありません。

 

汗をかいても痒くなることもないので、インナーとしても優秀です。

 

一つ言える事は・・・

これ一枚を着けて外にお出かけする事はできません。

生地が透けて乳首が見えます(笑)インナー限定で考えてください。

首元が広いので、ちょっとしたババシャツ的な感じも見えます(笑)

 

私は「黒」を選びましたが、余程のこだわりがなければ「白」をおすすめします。

お仕事している方は、白のYシャツでいる事が多いですからね。

 

 

金剛筋シャツのビフォーアフターです!

実際に着用してみた画像で比較してみます。

金剛筋シャツを着用した上から、先ほどのTシャツを着けてみました。

実際に、他の人からはこう見えます。

  • Before
  • After

 

お腹の部分は大分スッキリしてますよね!

特に、下っ腹の部分が締め付けられて凹んでいるのが分かります。

わざとお腹をへっこめたりはしれてませんからね!(笑)

 

背中の方から後ろに引っ張られているので、自然と姿勢も良くなります。

画像を見比べてみると、肩の位置が違いますね。

着用するだけでも、外見が変わるのは嬉しい効果です。これはやる気が出てきます!

 


金剛筋シャツの公式ページはこちらから!

 

金剛筋シャツには嬉しい消臭効果も!

加圧シャツは、着けているだけで体がポカポカします。

冬は嬉しいですが・・・夏は汗が気になりますよね。

私は脇汗が人より凄くて、臭いが心配でした。

 

金剛筋シャツには、消臭成分アモルデンが含まれています。

臭いの元である細菌を抑制する成分ですね。

これは、洗濯しても簡単に落ちるものではありません。

 

実際に長時間着けていると、大量に汗をかかなくても脇汗は衣類に蓄積していきます。

金剛筋シャツを着けていると体にフィットしている分、余計に多くの汗をかきます。

 

しかし
長時間着けていても、臭いが気になりません。

完全に臭いゼロとまでは言いません。顔を近づければ少し香ります(笑)

ただ、普通のインナーとは段違いです。かなり臭いは抑えられています。

 

金剛筋シャツを着けて一カ月後の効果は?

着るだけでも痩せれる?のは嘘という書き込みも多かったので、検証してみました。

一カ月後の結果はこんな感じです。

  • 体重:76kg→75kg
  • 体脂肪:28%→27%
  • ウエスト:101cm→99cm

 

今回は、着るだけでも痩せれるのか?を検証したかったので筋トレはしていません。

1kgしか減ってませんが、体は心なしか少し引き締まった気がします。

 

結論から言うと・・・

加圧シャツは着るだけでは、思ったとおりの効果はでません!

嘘とは言いませんが、期待しすぎてはいけません。

 

着るだけで激ヤセしてバキバキな体型になると思ったら大間違いです。

もっと長い間着用すれば、もっと痩せると思いますが、速攻で痩せるにはキチンとトレーニングするしかありません。

 

あくまで、トレーニングを補助するシャツですね。

着るだけでも、痩せましたが・・・激ヤセとまではいきません。

 

しかし、代謝を上げたり加圧の効果以外にも大きな変化がありました。

それは食欲が抑えられるという事です。

お腹を常に締め付けているので、食べ物がいつもより入らなくなります。

お代わりしようとすると、まるでパッケージの金剛力士像が怒っているかの如くです。

私は、大好きなラーメンの替え玉をしなくなりました(笑)

 

更に嬉しいのは筋トレをしたくなるって事です。

検証期間は、逆に筋トレを我慢するのが大変でした^^

 

ダイエットや筋トレの最大の敵は「続かない事」です。

常に身に着けてますから、気付いた時にはロングブレスとか、お腹に力を入れまくったりします。

家に帰る途中にも、今日は筋トレするぞ!とテンションが上がります(笑)

 

こんな方にオススメ!

  • 姿勢が悪い
  • ダイエットしたいけど、続かない
  • 筋トレやるなら、効率良く!
  • 一味違う体を手に入れたい!
  • ジムに通うだけじゃ物足りない

 

姿勢はかなり良くなります。

自分では実感しにくいですが、周りからは「姿勢良くなったね!」とか「身長伸びた?」とか言われます(笑)

 

炭水化物抜きダイエットや、極端な食事制限は必ずリバウンドします。

一時的に痩せても、筋肉量が落ちればさらに太りやすくなります。私がそうでした。

 

キチンと健康的に筋肉をつけて、運動しなければ体型は維持できません。

なので、長時間着用できる加圧シャツはオススメなんです。

ダイエットする!という決意が鈍ることはありません。常に意識する事が大切です。

 

まとめ

今日行動しなければ、明日は変わりません。

もっと言えば、半年後も一年後も変わりません。

このままでいいんですか?(笑)

取り敢えず、始める事が大切です。

 

ぶんくもさん

どうせやるなら、効果を最大限に出したくないですか?

これからダイエットを始めようとしている方の助けになれば幸いです。

 

ではでは、この辺で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 


金剛筋シャツの公式ページはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください