聴力低下の予防法は?脳が委縮して認知症に!耳つぼマッサージも!

耳が悪くなると認知症になる可能性が!脳との関係性は?

 

どうも、ぶんくもです。
誰もが将来不安を感じる認知症です。

できれば、健康寿命は長くありたい!

しかし、医学がこれだけ進歩しても、完全に防ぐことができないのが現状です。

 

難聴に認知症のリスクがあると発見されたのは、最近の事です。

認知症が現在より、9%も減らせるというものでした。

 

年々、高齢化も進み介護の問題は、社会全体の問題になってきました。

誰にでも、当事者になる可能性があるのが認知症です。

まずは親から、そして自分へ

健康に長生きする為にも、認知症になるのは避けたいものです。

 

60代でも2~3割、高齢者全体では3人に1人が隠れ難聴と言われています。

 

さて
どうすれば聴力低下を防げるのでしょうか?

病院にお世話になる前にできる事を調べちゃいます。


スポンサードリンク

聴力低下の原因は?

聴力が低下する大きな原因は大きく分けてこんな感じです。

  • イヤフォンの音量
  • ストレス
  • 暴飲暴食、喫煙、過度な飲酒
  • 騒音
  • 加齢

 

イヤフォンの音量が大きすぎると耳が悪くなる!というのは聞いた事がありますね。

加齢もよく聞きます。

志村けんさんのおじいちゃんのコントが正にそうですね。

 

お笑いとして見れば楽しいですが、実際身内や自分がああなると思うと洒落にならないですよね。

では、原因がある程度わかった所で予防法を確認していきます!

 

イヤフォンやテレビの音量が大きい!

私も、小さい頃に鼓膜を破ってしまい、通常の人より耳が聞こえにくいです。

もちろん、それに比例して声も大きいです(笑)

 

聴力を回復する事はできないので、テレビの音量も大きくしていました。

聴力と脳の萎縮が関係すると聞いて、なんとかならないか?と考えました。

 

ご存じの方もいると思いますが、今のテレビには字幕機能があります。

これを使う事で、テレビの音量はかなり抑えられます。

 

私の場合(あくまでも目安ですが)

字幕を使わない時の音量は25です。

字幕を使うと18くらいまで下がります。

 

これって、大分下がってますよね?

字幕がある事で音も聞き取りやすくなる気がします。

ご存じでない方は、是非試してみてください。

 

そして、イヤフォンですが・・・

単純に音量を大きくしなければいいんです。

どうしても、使う必要があれば音量を抑えて使うしかありません。

 

最近スマホが普及し、町中でイヤフォンをする方を見かける事が多くなりましたよね。

私も使っていたんですが、辞めました。

一時的な便利さで、後の何十年が不便になるのはちょっとね・・・

 

イヤフォンよりは、ヘッドフォンがおすすめされています。

ノイズキャンセリングの機能があるものを使えば、音量はかなり抑えられるはずです。

 

ストレスが難聴に影響する?

ちょっと意外だった原因のストレスです。

ストレスは、難聴以外にも、多くの病気のリスクがあります。

個人で感じる事が多い為、これだ!という解消法は難しいですね。

 

自然に触れたり、趣味を見つけて没頭するなど、自分なりに工夫するしかありません。

 

もう一度、何が自分にとってリラックスできることなのか?を考えてもいいかも知れませんね!


Sponsored Links

暴飲暴食、喫煙、過度な飲酒はやめて!

先に書いたストレスにも、通じるものがありますね。

どれも、体にとっていい事はありません。

 

特に喫煙や飲みすぎは、今すぐにでもやめるべきです。

 

糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化の原因にもなります。

内耳や脳の血流が悪くなることで、難聴を悪化させる原因とも言われています。

 

そもそも、認知症以前に健康を害してしまっては元も子もありません。

健康寿命を一番大事に考えると、やはりどこかで節制は必要です。

一時的な欲求を満たす事より、将来的な健康を得る事を考えたいものです。

 

騒音環境はなるべく避ける!

常に音がある環境もよくありません。

耳は、大きい音を聞き続けているとストレスを感じます。

そのストレスが原因で、酸化ストレスを発生させ正常な細胞まで壊してしまいます。

 

耳を休める時間を作るってのも、大切です。

スマホで動画を見ながら、寝落ちするのも良くないですね。

私は気が付いたら、大音量のまま寝ている事がよくあります。

こういう小さい事で、できる事から意識していくことが大事ですね。

 

騒音の代表と言えば、工事、パチンコ店、繁華街ですかね。

家の近くの工事はしょうがないですが・・・意識して防げる環境って沢山ありますよね。

なんだかんだで、自分次第です。

 

お仕事でどうしても・・・って方もいると思います。

耳栓などで、防ぐしかありません。これも意識しているかどうかですね。

 

加齢性難聴は根本的な治療法がない!

さて
先ほど、志村けんさんのコントでもちょっと触れましたが、加齢による聴力低下です。

年を取る事による聴力低下は、防ぐ事ができません。

 

ただ
先に挙げた事を気を付ける事で、進行を遅らせるんです。

それしかありません。

 

隠れ難聴も多く存在すると言われています。

ちょっとおかしいな?と思ったら病院などの医療機関に検査しに行ってください。

健康は自分で過信することほど、怖い事はないですからね。

 

耳つぼマッサージで血流をよくする!

耳は、ツボの宝庫です。

耳つぼマッサージのエステなんかもいいかもしれません。

でも、自宅で簡単にマッサージできれば最高ですよね!

 

血流も重要です。

加齢によって、血管も細くなってきますから、時間を見つけてマッサージしちゃいましょう。

 

分かりやすく解説した動画を見つけたので、こちらを試してみてください^^

全体的に、リラックスできるのでいいですよね。

ストレスは万病の元です!

自分なりの解消方法を沢山増やしたいですよね!

 

ただし!やりすぎは注意です。

炎症を起してしまいますからね!

優しく自分の耳を労わってやってください!

 

まとめ

どちらにしろ、ストレスが一番の天敵である事がよーくわかりました!

日頃から、どこかでリラックスする時間をとる習慣をつけたいものです。

 

でも
意識する事って重要ですよね。

テレビの音量とか、ヘッドフォンに変えてみるとか今すぐできる事も沢山あります。

 

大切な人の健康は、自分の幸せでもあります。

逆に、自分の健康は大切な人の幸せとも取れますよね?

決して健康を過信せずに、いつまでも現役で余生をエンジョイしたいものです。

 

ではでは、この辺で!

聴力低下の予防法についてでした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です