医療PAは資格が要らない?やまと診療所が日本の在宅医療を変える!

やまと診療所の安井佑が在宅医療に革命を!

こんばんは!どうも、ぶんくもです。

昨日、おばぁの夢を見ました。
沖縄のおばぁらしく、いつも笑顔で
可愛らしいおばぁでした。

晩年は、入退院を繰り返し、まだ高
校生くらいの自分は、苦しむおばぁ
を見たくなくて、少し距離を置いてた
気がします。

もう、20年前くらいの話です。

今となっては「あの時もっと話してお
けば・・・」と後悔しかなかったりします。

おばぁは、病院に一人でいるのが
とても嫌だったらしく、病状がよくな
ると頻繁に家に帰ってきてました。

自分の親は、医師から色々と注意
点を聞いてたみたいですが、それ
でも、色々と大変な思いをしてた
みたいです。

と、自分の昔話はそこまでにして・・・

最近は医療PAなる、新しい在宅医療
が注目されているみたいですね。

将来、誰しにも降りかかる出来事なの
で調べてみまーす!

医療PAの役割は?

まず。頭に思い浮かぶのは看護師
さんじゃないの?と言うことです。

基本的に、医療行為は看護師さん
もできないですよね?

んじゃ、何をするかってのを簡単に
まとめてみました。

  • 患者のバックヤードまで考える
  • 患者の家族と寄り添う
  • 在宅医療のプロフェッショナル
  • 地域医療の調整役
  • 医者の診療の効率化

在宅医療では、医者が実際に診察
も含む、医者がしかできない役割
は、2割と言われています。

確かに、地域医療との連携や、やり
とりに医者の資格は不要ですよね。

その患者の抱えてる問題や背景を
把握して、諸々の調整をすることに
も医者の資格は必要ありませんね。

治療以外の専門知識が必要のない
役割を担うのが、医療PAという訳です。


Sponsored Links

医療PAは資格が要らない?

調べてみると、医療系の資格は
要らないというじゃないですか!?

アメリカなどでは、メジャーな仕事
になりつつあると言いますが・・・

やまと診療所では、未経験者の
為に、しっかりとしたカリキュラムを
組んでます。

カリキュラムの沿革はこんな感じです。

医療業務の未経験者でも、就業し
やすいというのは、目指す方にとっ
ても入りやすいですね。

強いて必要な資格と言うなら、運転
免許でしょうか?

見習いのころから、各家庭を回る訳
ですから、車の運転ができないのは
厳しいですね。

人材としては、看護師などの医療経
験者が有利だと思いますが、熱意
があれば今からでも目指せる職業
な気がしますね。

医療PAのキャリアパスは?

個人的に気になったのは、この部分
です。

現場のスペシャリストとして、極める
事は、重要だと思います。

ただ、給料のアップや将来性がない
と一般的な仕事としては、定着しない
様に思えてからです。

やまと診療所では、医療PAのキャリ
アパスをこう考えています。

これは、良いですね。
従事する前に、進む先というか目指す
べき所がハッキリしてます。

在宅介護もそうですが、個別のサー
ビスが重要視されているような気がします。

痒い所に手が届くサービスとでも言う
んでしょうか?

自分なら、老人ホームに入るのでは
なく、こういうサービスで家で最期を
迎えたいな~って思っちゃいます。

老人ホームで新しい友達を見つけて
時間を気にすることなく、麻雀に没頭
するのも魅力的ですけど(笑)

まとめ

選択肢が増えるってのは、良い事ですね。

今後の医療PAに期待満々です☆

現在は、東京だけのサービスかもし
れませんが、この流れを地方の医療
にも、浸透できればな~と思います。

医療PAが進めば、地方の医療難民
も結構な数で救えるのでは?

新しい試みをするのは、大変なのは
重々承知していますが・・・

地方の診療所や、地方自治体がバッ
クアップできるまで、普及させてほしい
ものです。

今回は、ちょっと真面目な話をしてし
まいました(笑)

今後の医療PAに期待です!

ではでは、この辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.