具志堅用高がストレスで病気に?顔面神経麻痺はネットの書き込みで?






スポンサードリンク

具志堅用高の顔の歪みが気になる!

カンムリワシの異名で世界を席巻したボクサーですね。

最近では、バラエティー番組で引っ張りダコの具志堅用高さんです。

本気か?と思うくらいの天然キャラで、お茶の間を笑顔にしています。私も大好きです。

そんな彼の顔の左側の顔の歪みが気になるのです。ひょっとして病気なのでは?と感じてしまいます。

実際の写真と共に、調べてみます!

Cli6xLFUgAA_BBA

白井・具志堅スポーツジム Twitterより


沖縄から本土に行くにはパスポートが必要だった?

有名な話ですが、最近の若い人達は知らないんじゃないですかね?

沖縄は、1972年までアメリカの統治下でした。

例えば、沖縄から東京にいくのに、パスポートが必要だったんです。


沖縄は方言がかなり独特です。

年配の方が方言全開で話したら、何言っているか全く分かりません。

その当時はそれが普通だったんです。


復帰後に多くの若者が本土に出稼ぎに行きますが、言葉が通じないと非常に苦労したそうです。

具志堅さんもその一人で、自身の訛りにコンプレックスがあったんです。


顔面神経麻痺なんじゃ?

気になったのが、TBS系のテレビ番組「7時に会いましょうSP」のインタビュー時の口元です。

片岡鶴太郎さんが、具志堅さんの代名詞である「ちょっちゅね!」を初めてフューチャーした時の話です。

具志堅は、チャンピオンになり有名になった頃です。


当時、具志堅さんは片岡鶴太郎さんのモノマネを不快に思っているという内容でした。

最終的には、「ちょっちゅね」で有名になった事を感謝していると語ったVTRでした。

しかし、その時の具志堅さんの顔が不自然だったんです。


左側の口が歪んでいるように見えました。左目も少し垂れている感じがします。

上で紹介している写真を、もう一度確認して欲しいんです。

顔の左側の特に眉毛の部分がおかしくないですか?垂れ下がってますよね?


そこで顔が歪む原因を調べていました。

  • 三叉(さんさ)神経痛
  • 顔面神経麻痺
  • 顔面けいれん
  • 眼瞼下垂(がんけんかすい)
  • バセドウ病
  • パーキンソン病

出典:http://takeda-kenko.jp

同じボクサーのモハメド・アリさんがパーキンソン病だったのは有名ですね。

具志堅さんは今でも普通にテレビに出演しています。


特に気にした事はなかったんですが、写真を見ると顔面神経痛に見えます。

私も経験者に会った事がありますが、顔の片側が引きつっている感じですね。

常に苦笑いしていると言えばいいでしょうか・・・顔のどの部分でも起きる症状です。


他に芸能人だと、松居一代さんや、TKOの木下さんが有名ですね。

皆さん、まだ第一線で活躍していますが、休養をとったりと仕事に影響が出ています。

松居一代さんが前髪を常に垂らしている理由は、その影響で引きつるおでこを隠しているんです。

長く悩まされる症状ですね。私の好きな具志堅さんが同じ状況なら心配でなりません・・・

スポンサードリンク

ネットの書き込みが原因?

クイズ番組に出演することも多くなりました。ミラクルナインでは奇抜な回答で笑いを誘います。

しかし、純粋にクイズ番組が好きな方には、評判は良くないようです。

コメントを一部抜粋します。

くりぃむクイズ ミラクル9 の具志堅さんについて
なんで出してるんでしょうか?

見てるだけでイライラするし、出してるからクイズ番組として成り立っていません。
具志堅さんが最後まで残ってハラハラして面白いなんてのはバラエティのノリであって、クイズ番組ではありません。
具志堅さんが出てるとガッカリするのですが、どう思いますか?

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ネットは匿名です。芸能人について、意見を物申せるので好意的なものだけとは限りません。

本人が読むと、「一生懸命やっているのに・・・」となる事がほとんどだと思います。

高齢の具志堅さんが、こういった内容を見てしまうとどう思うだろうか?

大きなストレスになる事は間違いないですよね。そこが気になったんです。


関連記事

具志堅用高の口の歪みは顔面神経麻痺?その原因や理由と対策とは?

具志堅用高が脳梗塞?顔面の左側の歪みがネットで心配されてます!

 

まとめ

私の杞憂であれば、それでいいです!芸能界は大変そうですから・・・

具志堅さんの元気な姿を、いつまでも見ていたいんです。

苦しかったら、休んでください。健康が第一です!

最期まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ