ヤナギヤはウナギの稚魚をグーラで作る?アングーラスが激安に!

international3





スポンサードリンク

株式会社ヤナギヤがアングーラスを劇的に安くしています!

山口県にある練り物を中心に世界に展開している会社です。

今まで何度もメディアに取り上げたれてきたヤナギヤさんですが、実は、まだあったんです・・・

カニカマの生産技術が非常に有名で、世界21ヶ国にカニカマを提供しています。

内19ヶ国にカニカマを製造するラインそのものを提供しています。

スペインの伝統料理アングーラスを激安にしたヤナギヤさんをチェックしていきます!


会社情報

社名 株式会社ヤナギヤ
創業 1916年6月
資本金 1億円
従業員数 150名(2015年4月現在)
売上高 34.8億円(2014年度見込)

株式会社ヤナギヤホームページより

100年以上続く、地元の老舗企業ですね。頑張っている中小企業は大好きです。

伸びている企業は必ずといっていいほど、社員の満足度が高いですよね。

ヤナギヤさんの企業理念にも「お客様の満足」を目標に掲げて、技術力の独自性を目指しています!

スポンサードリンク

スペインの伝統料理アングーラスが高騰?

スペインのバスク地方に、アングーラスというウナギの稚魚を使った伝統料理があります。

これが近年高騰しているというのです。一皿14000円まで値上がりしたのです。

ウナギの収穫量は全世界で問題ですね。スペインで稚魚食べてるって知りませんでしたけど・・・

ここでヤナギヤさんが登場です!

グーラという魚ですり身を作ったんです。日本人にはお馴染みのかまぼこですね。

最近のかまぼこは、もう本物とそっくりですよね。日本の誇れる技術力の一つです。

これが、1パック500円です。下がりすぎですよね(笑)

もちろん、正確には本物と全く一緒という訳にはいかないと思います。

ですが、値段の選択肢があるというのは、消費者にとっては嬉しいですよね。


まとめ

不況が叫ばれる中、こういった企業を知ると本当に嬉しくなります!

もっと世間に知られるべきですよね。

本当に困っている事を解決する事で、お客様のニーズをつかんでいると思います。

今回のウナギの稚魚は特にそうだと思います。

希少性が高く、なかなか食べきれなくなってお客様は困っています。

でも、ウナギの稚魚が食べたいんではありません。安くておいしいものが食べたいんです。

最近、日本でもウナギの代用としてナマズが使用されて話題になりましたね。

成功する方達に共通しているのは、本当にお客様の悩みを知って解決する方々だと感じますね。

もっと日本の技術力をいや、ヤマザキさんの力を世界に知らしめてください!

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ