セインカミュの趣味はギザ十集め!価値はいくらぐらいなの?




スポンサードリンク



セインカミュに昔の日本人的古風な趣味が!

 

どうも、ぶんくもです。

セインカミュさん・・・懐かしいですね。

さんまのからくりTVのファニストイングリッシュは、大好きでした☆



あのコーナーでボビーオロゴンが初出演した時は、腹筋が崩壊するほど笑ったのを覚えています。

セインカミュさんは、好きな外国人タレントだったんですが・・・最近全然見なくなりましたね。

事務所の移籍騒動が、原因でテレビ出演が減ったと言うのを聞いた事があります。



芸能人の事務所問題って、いつの時代でもありますよね。

どっちが、悪いかは正直わからない事が多いですが、ファンとしては寂しいですよね~

セインカミュさんもその一人かも?

当時は、あのテンションで流暢な日本語をしゃべる外国人タレントっていなかったので、新鮮でした。



今度、アウトデラックスに出演するって話なので、おさらいも含めて行っちゃいます!



セイン・カミュのプロフィール

 

本名 セイン・アレクサンダー・カミュ

生年月日:1970年11月27日(46歳)

出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州

身長 185cm

最終学歴 ホフストラ大学中退

引用元



いまや、外国人タレントやハーフタレントって増えましたが、昔って結構少なくて貴重だったんですよね。

知っているのって、デーブスペクターさんのダジャレとか?(笑)

他にも、オスマンサンコンさんとかいましたけど、イケメン風の外国人タレントっていなかった気がします(笑)



さんまのからくりTVの企画のファニストイングリッシュが、面白すぎてすぐに人気タレントになりました。

懐かしいですねぇ。

さんまのからくりTVの最終回は、録画してよく見てました。

HDDレコーダーが壊れた時は、超ショックでした。

何回みても笑えたので・・・ああいうのを永久保存版って言うんだ!と実感しました(笑)



ちなみに、おじいちゃんの弟が、ノーベル文学賞作家のアルベール・カミュさんです。

母方のお父さんの弟ですね。

もはや他人と言ってもいいレベルですが・・・

親族の有名人って自慢できますよね。

知的な印象を受けるのは、お母さんの教育が良かったのかもしれませんね!

 

スポンサードリンク



セインカミュがギザ十にハマったきっかけは?

 

両親が一度離婚してます。

母方に引き取られましたが、母が日本人男性と再婚します。

6歳の時から日本で育ち、小学校は日本の小学校に入学しています。

その後、インターナショナルスクールを卒業し、ニューヨークの大学に進学しますね。



小学生から高校生までは、日本で生活してるんですよね。

ちなみに、小学校はSMAPの中居くんと同級生だったと噂もあります。

藤沢市の小学校で、年齢も同じですから可能性はありますね!



ジャニーズって学生のころの同級生を隠す?感じありますよね。

最近だと、キムタクとマツコ・デラックスが中学の同級生だった事を暴露してますし・・・

ファンなら、当時の状況とか聞きたいですけどね☆



昔ヤンチャしすぎて話せないとか・・・そんな事ないよね?(笑)

どっかで語ってくれると嬉しいです!



かなり脱線しちゃいましたが

当時の小中学生は、ギザ十集めに夢中でした。

私は10歳くらい年下ですが、歳の離れたお兄ちゃんが集めてたのを覚えています。



昔の収集癖が大人になっても、続いているんでしょうか?(笑)

外見は、アレなだけで中身は完全な日本人って感じですよね~

子供のころにハマった事って、大人になってやり始めると止まらなくなりますよね!わかる気がします!!



ギザ十の価値と値段は?

ギザ十は、硬貨の周りにでこぼこがあって、見た目がギザギザしているってところが名前の由来です。

ここまで書くと・・・価値とか値段とか気になっちゃいます。

江戸時代の小判は、「金」で作られているので高いのは分かる気がしますが・・・

十円って「銅」ですよね?

沢山触っていたら、指が金属臭くなります(笑)



調べたところ・・・

全部のギザ十が高い訳ではありませんでした。

その年代によって、価値が変わります。

ざっと、こんな感じです。

 

昭和26年・・・50円
昭和32年・・・80円
昭和33年・・・100円
昭和34年・・・50円
昭和61年・・・50円

引用元



硬貨の価値としては、5倍~10倍くらいになっちゃってますが・・・

元々の値段が10円なんで、大した金額ではないですね(笑)

一番熱い年代は「昭和33年」です。

発行した硬貨の枚数が一番少ない年度ですね。



まとめ

 

お兄ちゃんが集めていたギザ十は、あまり金銭的価値がない事が判明してしまいました・・・

ひと昔前は、インターネットもそこまで普及してませんでしたから、テレビで取り上げられたり、噂がそのまま流行りになったりしてましたね。



ギザ十もその一つですね。

小さい頃集めていた子供は、これ以上の価値があると信じていたはずです(笑)

実際に、私もお兄ちゃんの真似して集めてた気がします^^



今でも、収集家がいるってはちょっと意外ですが・・・

完全にロマンですよね。

子供のころに欲しかったものを、大人になって集めるって分かる気がします。

昔買えなかったマンガを大人買いしたりしますもん!(笑)

あの充実感と成長した感は半端ないです(笑)



ではでは、この辺で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ