山田豊明(山田工業所)が作る中華鍋の違いは?購入できる店舗は?

511lbsaijgl-_sl1001_





スポンサードリンク

モーニングショーで山田豊明さんが特集されますね!

昨日某定食屋さんで、すけそう鱈の生姜みぞれあん定食を始めて食べたぶんくもです。

いつもは、黒酢あんかけ定食の一択なんですけど

あれは、ウマイ!


妻曰く「作る場所によって味が違うのよね~」と言っとりましたが

今度から私のローテーションに入ります!

野菜が一杯とれるっていいですよね~


沖縄県民からすると、定食屋さんにはチャンプルー置いてくれないかな?

といつも思ってしまいます。

トーフチャンプルーとか野菜チャンプルー食べたいのよね~


近くに美味しい沖縄食堂がないのが、最近の悩みです。

いつも沖縄そばを食べちゃいます。

家で作れればいいんですがね~


お!今日は雑談が繋がりそうです!

モーニングショーで中華鍋の職人の山田豊明さんが特集されますね~

シャキシャキの野菜炒めが、家で作れれば一番ですよね!


普通の中華鍋と何が違うの?

普通は、プレス式といって機械で一気に作るのが主流です。

山田豊明さんは、一枚一枚丁寧にカンカンとハンマーで打ち出し式で作ります。

職人気質は、素晴らしいですが・・・


機械でサクっと作った方がいいんじゃ?と思う浅はかなぶんくもです。

でも・・・人気にはそれなりの理由があるみたいです。

中華街のシェア80%は伊達じゃないっす(笑)


職人の目で確認しながら約5000回も叩きあげて完成した中華鍋は、

丈夫で熱伝導がよく、表面の凹凸により油なじみがよくなり焦げつきにくくなります。

より熱伝導を均一にするため、場所によって厚みがかえてあるのも特徴です。

引用元:https://www.prokitchen.co.jp


場所によって厚みを変えているってのがポイントですかね!

中華街のプロの評判が高いくらいです。

焦げ付きにくいってのは、家で使うにしてもポイント高いですよね~


でも、中華鍋はデカすぎて・・・お家で使えるヤツが欲しいんですけど・・・

スポンサードリンク

フライパンとか一般家庭で使えるやつないの?

実は以前に鉄鍋を使っていたぶんくもです。

前のやつは、水洗いしちゃダメとか・・・結構面倒な感じだったので、封印されています・・・

小さ目のサイズなんでうが、結構重いんですよね。


でも野菜炒めとかは、マジでうまかったです。

山田豊明が作る山田工業所のフライパンは・・・

1

出典:https://www.amazon.co.jp

空炊き済みのフライパンが売ってました!

22cmのラインナップしかないのかな?

値段は、フライパンの厚さで違っていて

4000円~6000円程度ですね。


厚さは3種類です。

1.6mm、2.3mm、3.2mmです。

鉄鍋は遠赤外線効果で、厚い方が美味しく焼けますが・・・

厚いって事は、重いんですよね・・・


ツイートでも結構重いって意見がありますね。

でも、それ以上にやっぱり山田工業所が最高です!って意見が多いです☆


水洗いも、その後にキチンと乾燥させて油を塗ればOKです!

あれ?私まさか・・・説明書読み違えたかな?

南部鉄器ってとこの買ったんですが・・・もう一度見直してみます!


一般家庭では空炊き済みを!

Amazon でも 楽天でも、結構いろんなサイトで通販で購入できますね。

購入前に、空炊き済みかどうかは確認してくださーい。

これ一般家庭だと厳しいはずです。


プライパンを何べんなく熱する作業が必要です。

30分くらい火をかけないといけないんですけど、

温度センサーが付いているコンロでは無理です。


空焚きに自信がない方、Siセンサー付きコンロをお使いの方はこちらを選んでいただくと、くず野菜を炒めて油をなじませるだけで簡単に使用できるようになります。

引用元:https://www.prokitchen.co.jp


まとめ

洗った後の処理が少しだけ面倒ですが

それだけの価値はあるって事ですね。

重いのは確かにネックですが


フライパンくらいなら、一般家庭でも十分使えそうです☆

ちょっとした筋トレと思って使ってみてもいいかもね~

ちなみに妻は「腕が痛い・・・」と嘆いていました(笑)
(ほぼ筋肉がないので、参考になりませんけどね)


ちょっと引っ張り出して、野菜炒め作ってみようかな~

久しぶりに美味しい野菜炒めが食べたいっす。

中華料理屋に行けば食べれるけどね・・・中華ってちょっと高めだよね~


もうちょっと悩んでみます(笑)

ではでは!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ