タッキーがSMAPを批判した理由は?発言の裏は幹部候補をアピール?

1





スポンサードリンク

今回の文春砲の内容は?滝沢秀明が解散騒動に参戦?

今週発売の「週刊文春」がまたまた新スクープ?をすっぱ抜きました。

最近フジテレビや芸人さんのSMAP応援活動が目立ちますね。

ENGEIグランプリでは、SMAPのネタを結構入れてきました。


あれ?と思いましたが、逆に応援してたのね。

芸人さんのライブでも、SMAPネタが結構使われています。

フジテレビ的にも、SMAPのいい印象を残すことで、視聴率に繋げたい感じしますね。


なんだかいい雰囲気?が出来上がりそうな所で、このスクープです。

キムタクと同じく幹部候補と言われているタッキーの発言は波紋を呼びそうです。

でも。何で今更?感がメッチャありますよね。

色々と考えてみたいと思いまする。

1

独立派とジャニーズさんの決別?を表してみました(笑)

ちょっと可愛かったので、貼り付けちゃいました☆

円満は難しそうだけど、あまり揉めて欲しくないよね~


急に何でタッキーが出てきたの?


「週刊文春」の直撃に対し滝沢は、中居正広をはじめとする“SMAP独立派”を痛烈に批判するような強烈な言葉を口にしたのだ。

引用元:http://www.tokyo-sports.co.jp


記事の細かい内容は、発売日の9月29日にならないとわからないですが

批判になっているのかな?

「アホ」っていう結構強い言葉使っているみたいですが・・・


小さい頃に見いだされ、人生が変わった。

ここまで育てられたのに、派閥とか言っている場合じゃない。

恩義は返すべきだし、ファンの為に自分たちはいる。


ネット上はこんな感じなんじゃ?的な予想してます。

ソースはよくわかりませんけど(笑)

うん。大人な意見だね。

ジャニーズ内部の人がこんだけはっきり言うのって初めてじゃないですか?


でも、発言してもタッキーにメリットはないんじゃ?

応援で「やめないで!」ならわかるんですが。

将来の幹部候補ってのが、鍵ですかね~


キムタクも今回の騒動で、将来の幹部の席は確定になったなんて言われてますね。

タッキーもその幹部候補の一人みたいです。

キムタクを擁護したとも考えられますね!

スポンサードリンク

今のSMAPどうなの?

勝手に今はいい感じだと思ってます。

25周年のアルバムとDVDの発売決定しましたね。

収録曲をファン投票で決めるとか、盛り上がってますよね?

関連記事:SMAPのベストアルバムSMAP 25 YEARSの予約はいつから?収録曲と特典は?


キムタクはちょっと苦戦している感じかな~

主演ドラマ?の相手役が見つからないみたいですね。

各事務所の女優さんに断られ続けてるみたいっす。

CMも打ち切りじゃないか?とか言われてますしね。

関連記事:タマホーム新CMでキムタク降板?代役は矢野顕子がピアノを演奏!


確かに、今のキムタクと組むメリットは相手側にはなさそうよね・・・

これは新人さん抜擢した方が話題を呼んで、いい感じにならないですかね?

それか、キムタクをあえてメインにしないでやるとか?


キムタクの全然違う演技とか見てみたいよね~

え!脇役なの?しかも演技変えてきたのね!?やるじゃんキムタク!とか。

どっかで挽回してほしいのよね!


特に熱烈なファンではないですが、今のキムタクはちょっと可哀想ね。

味方する人がいてもいいのにね。

さんまさんがキムタク派といって賛否両論だったけど。


あのくらい大御所じゃないと発言できないって、やっぱみんな敏感になってますよね~

独立派の4人は12月以降にどうなるか?ですよね。

一応所属はジャニーズで、契約は来年の9月まで残ってるはずなので!


今後の身の振り方を考えるんですかね?

香取とかは、飯島さんの所に行くかも?とか画家になるとか、芸能界自体引退するとか?

予想が多すぎてよくわけわからん感じになっちゃいましたね。


まとめ

またまた波紋を呼びそうです。

相変わらず、文春砲は強力よね~

メディアでも取り上げられるのかな?

SMAPにマイナスな事は、取り上げそうになさそうですが・・・


でもちょっと待ってよ。

これって事務所もOKしている内容なのかな?

こんだけ敏感な話題を事務所の了解なしにやったのかな?


それならそこは、今後問題になりそうですが

もし、事務所がOKしているなら見方も変わってきますよね~

事務所の意向を幹部候補のタッキーが代弁してる?っていうのも考えられますね。


相変わらず、興味を刺激する事ばっかりの文春砲でした。

今後が気になりますね!

最期まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ