スタティスティシャンの仕事内容と年収は?ビックデータの活用とは?






スポンサードリンク

舌を噛みそうな職業ですが・・・

TBS系のがっちりマンデー!!で紹介されていますね。

あまり聞きなれない言葉ですが、職業です。

ステータスとエステティシャンの造語ですかね?


がっちりマンデーに取り上げられるくらいなので、儲かる職業のはずです。

多分データ分析が仕事だと思いますが・・・

今までのアナリティクスと何が違うんでしょうか?

気になるので、チェックしていきます。

images


スタティスティシャンの仕事内容は?

ちなみに英語では「statistician」ですね。

色々調べてみたけど、ちょっと分かりにくい・・・・

私なりの解釈でいきますね。


ビックデータを元に分析して、企業に利益を生み出す職業です。

ピンとこない方は、もう少し読んでみてください。

具体例出してみます。


あなたが社長だとして・・・こんな悩みがあったとしてます。

「売上が伸びないんだよなぁ」

「夏は書き入れ時で、イチゴ味が売れてるんだよぉ。後は普通に売れてるよ」


この中にビックビジネスチャンスが隠れている事に気づきますか?

極端ですが、それならスタティスティシャンになれるかもしれないですよ(笑)

彼らは、経験とか商品知識が必要ないんです。

あくまで数字から分析して、最適解(最も正しい回答)を出すんです。


もうちょっと踏み込みますね。

私自身、中小企業に勤めた事があります。(中小企業にもピンキリがありますが)

正直私が見ていても、社長の経営判断は甘かったです。

それはなぜか?というと、感覚で物を判断してたからです。


ちょっと管理職をしたことがある方なら、当たり前と思う事かもしれませんが・・・

数字を元にしない企画はまず通りません。

根拠がないからです。


スタティスティシャンは経験で判断する事がないんです。

あくまで、数字を元に判断するのがお仕事なんです。

アメリカでは主流の考え方ですね。


数字を元にしているので、誰もが納得しやすいんです。

経験だけで話をしている上司にうんざりした事ある方も、少なくないのでは?

「言ってる根拠はなによ?」と思った事は数知れず・・・

スポンサードリンク

ビックデータの活用

データの分析には、ビックデータが欠かせないです。

最近よく聞くようになったワードですね。

「わ・・わかってるよ・・・大きいデータだろ?」と言う方・・・大丈夫です。

簡単に説明します。


商品やシステムを企画する時に参考するのが、ビックデータです。

それ以外もありますが・・・今回はそこに焦点しぼっちゃいます。

一般的には以下が挙げられます。商品を作る側として考えてみて下さい。

購入する人の~と頭につけて考えます。

  • 年齢
  • 時間
  • 場所
  • 季節
  • 家族構成
  • 目的
  • アクセス方法
  • 年収

こんなもんですかね?商品を新しく作るならこのくらいは考えますよね。

スタティスティシャンは色々なデータを持っています。若しくは分析します。

そこから傾向を見出して、利益が出る選択をするんです。


なんとなくイメージつきますよね?

数字だけで傾向を追うんです。

なので、商品知識が無くても分析できちゃうわけですよ。


温故知新といえばいいでしょうか?

過去に成功した傾向は、未来でも成功しやすいわけです。

そりゃ、企業が頼みたくなりますわね(笑)


年収は?

ピンキリだと思います。

企業お抱えの顧問とかになれば、報酬はでかそうです。

ここからは想像もはいります。


基本的に能力は高く求められるので、安くはないはずです。

それだけ責任も求められます。

基本給+出来高があると思います。

なんとなく、アメリカ発祥の職業のイメージが強いので(笑)


基本的には、1000万は降らない仕事だと思います。

ただ、がっつりマンデーで細かいところは確認してみたいです。

でも・・・失敗したら・・・・報酬0とかも十分にあり得ると思うんですよね。

いいっぱなしで、失敗しても知らないよ?は考えにくいと思いませんか?


関連記事

オシエル(goo)の口コミと評判は?AIが恋愛相談で回答する内容とは?

まとめ

いずれにしろ、気になるお仕事ですね。

私には縁がありませんけど、興味はあります。

お金儲かるなら・・・わたしも参戦したいですけど・・・


う~ん・・・でも無理かもね!!

企業の命運かけたデータ分析とかしたくないっす。

報酬にはそれなりの責任が伴うものだよ(by ぶんくも)

最期まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

One Response to “スタティスティシャンの仕事内容と年収は?ビックデータの活用とは?”

  1. あつしくん より:

    statistic統計と-ian人という言葉です。
    ただ、ステータスもそこから来ているのであながちまちがいでもないです。
    エステティシャンもエステティックする人という意味です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ