リオパラの開会式で大ジャンプした車椅子のパフォーマーの名前は?






スポンサードリンク

リオパラリンピックの開会式は大ジャンプが衝撃的でしたね!

なんだか色々あった開会式になっちゃいましたね。

ブラジル大統領へのブーイングとか、聖火を落としちゃうとかね。

なかでも、衝撃だったのはスキーのジャンプ台?からの大ジャンプです!


これは気になりすぎます。

オリンピックの代表選手なんでしょうか?

そんな競技ありましたっけ?

気になりまくるので、チェックしていきます!

エクストリームの車いすプロライダーですね!

ナイトロ・サーカスと言って、プロのエクストリームレーサーです。

アーロン・ウィールズ・フォザリンハムさんですね!

過去にもアンビリーバボーでも特集されている有名な方ですね。


リオのパラリンピックで飛んだ高さは17mです。

凄すぎる・・・車いすってそんなに飛べるんですか!?

このジャンプには、こんな思いを託しているそうです。

 

「勇気を持って挑戦することに障害があるなしは関係ない」

引用元:http://sports.nhk.or.jp


カッコよすぎます。

あれだけ凄い事をやってのける人が言う事は、説得力があります!

パラリンピック選手への強烈な応援となりましたね。


当時のジャンプの映像はご紹介できませんが・・・

彼が所属しているチームの動画を発見したので、紹介します!

パラリンピックの開会式より凄い事している気がします(笑)

スポンサードリンク

エクストリームに目指したキッカケ

先天性の障害で下半身が動きません。

両親はそんな彼を特別扱いしませんでした。

8歳の時に初めて、スケートパークでスケボーやマウンテンバイクのパフォーマンスに出会います。

それからエクストリームにはまっていくのです。

車いすでエクストリームに挑戦しようとするのが凄いですが・・・

開会式で出したメッセージを見れば、彼にとっては当たり前の事だったのかもしれませんね。


関連記事

仲里進(モヒカン)のプロフィールは?車椅子ラグビー選手の髪型が凄い!

まとめ

開会式のインパクトはこの大ジャンプがトップですね!

車いすでもこれだけできる!というのを見せつけられた気がします。

逆に車椅子だから、さらに凄い事ができると言っているようにも見えますね!


パラリンピックが民放で放送されないのは、少し寂しいですが・・・

選手の皆さんには、頑張ってほしいですね!

最期まで読んでいただきありがとうございました!

もっとアーロン選手の動画に興味がある方はこちらをどうぞ~

Aaron Wheelz Fotheringham
※Youtubeのページに飛びます

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ