川又三智彦(ツカサ)に融資した大手銀行Kとは?裏切りって何?






スポンサードリンク

川又三智彦(さちひこ)のツカサに融資した銀行は?

爆報!THEフライデーで、当時のツカサの社長だった川又三智彦さんがぶっちゃけます。

テレビ内容を紹介した記事も別にあるんですけど・・・

あれ?気になるなぁ・・・大手銀行Kってどこなんだろ?


まぁ、銀行名を出す事はテレビ的にもないです。

あの話した内容は、川又三智彦側の主観って形で放送されましたからね。

やっぱ気になります・・・ちょっと調べてみます!


テレビで放送された内容のおさらいです!

川又三智彦さんが仰るには、過度の融資が原因と語っています。

大手銀行Kの頭取級が料亭に招いたようです。

銀行員が「うちが付いた以上、絶対につぶしませんよ!」

という言葉に乗せられ、5億円の借り入れを決意します。


この時5億円で建てたマンションが10億円で売却できました。

そうすると、どんどん融資→売却→融資のサイクルで儲かっていきました。

一時には、約50の銀行から融資を受けたようです。

当時の融資額の合計は約1400億円を超えたと言います。


1999年3月にある銀行に呼び出しされます。

一番最初に融資をした大銀行Kです。

「御社に融資した5億円を返済していただきます。今後融資はできません。」

総量規制です。貸出の金額を絞って焦げ付きを防ぐため回収し始めたんです。

いわいるバブル崩壊というやつです。


しかし、他に融資を受けたマンションはほとんど建設中の為、すぐに売却できません。

建設中にもバブル崩壊の影響は進み、建物価格は暴落していきます。

融資を受けていた銀行に頭を下げますが、態度が一変し全く取り合ってもらえません。


しかし、リーマンブラザーズに会社を売り、借金の一部を肩代わりしてもらいます。

そして、またここから新たに始めたのがレンタルオフィスです。

日本では真新しいサービスで、また盛り上がりを見せます。

しかし・・・その10年後・・・また裏切りが発覚します。


そう、皆さんも知っている2008年のリーマンショックです。

これは、日本だけではなく世界全体を不況に追い込みました。

その時に残った借金の総額は790億円です。そして破産します・・・

スポンサードリンク

大手銀行Kの候補は?

私が調べた限りですよ!?

一応全国の銀行から、チェックしたつもりです!

洩れはないはず・・・か行から始まる銀行です。

 

  • 神奈川銀行
  • 京葉銀行
  • 栃木銀行
  • 紀陽銀行
  • 近畿大阪銀行
  • 関西アーバン銀行
  • 京都銀行
  • 香川銀行
  • 鹿児島銀行
  • 熊本ファミリー銀行
  • 北九州銀行

引用元:全国銀行一覧

 

当時から銀行の再編とか結構あるはずなので、確定ではないですがね・・・

銀行もあの頃は、大変なはずですからねぇ。

ちょっとだけでも、参考になればと思い調べてみました!

最期まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ