台風12号(2016)九州の進路予想と米軍最新情報!気象庁の予報も!

wp201615_sat





スポンサードリンク

九州に直撃しそうですね!要注意です!

まだ余震も続いているのに、台風がきちゃいます。

台風9号の影響で地盤が緩くなっているはずので、要注意です!

9月2日の夜頃から鹿児島は影響受け始まるはずです。


迷走してた9号とは違い、これはいつものパターンですかね。

真っすぐ九州に向かいそうな予感がします。

今から対策をしておいてください!


気象庁の予報

1

出典:http://www.jma.go.jp

<03日09時の予報>
強さ
存在地域 屋久島の南西約40km
予報円の中心 北緯 30度05分(30.1度)
東経 130度10分(130.2度)
進行方向、速さ 北 15km/h(8kt)
中心気圧 975hPa
中心付近の最大風速 30m/s(60kt)
最大瞬間風速 45m/s(85kt)
予報円の半径 200km(110NM)
暴風警戒域 全域 260km(140NM)

出典:http://www.jma.go.jp

 

今回はもろ直撃パターンですね。

沖縄はそれそうですが、九州はガッツリはいりそうです。

これはもっと強くなりそうな予感です。

海上にいるとどうしてもね・・・

スポンサードリンク

米軍最新情報

今回のネーミングは、ナムセーウン(NAMTHEUN)ですね。

川の名前だそうです。相変わらず基準がわからんっす。

進路は気象庁のものとほとんど変わらないので、雲の様子を!

wp201615_sat

出典:https://www.wunderground.com


対策は?

海は絶対近づかない!

海岸沿いには近づかないでください。

サーファーの方は波が立つので、チャンスとか思わないでください。

本気で危ないです。

農家の方へ!

農家の方でビニールハウスをされているなら注意が必要です。

ビニールやカバーが外れて電線に絡むと停電のリスクが高まります。

しっかりと固定をするか、納期が終了しているなら撤収した方が無難です。

避難所を活用する!

川沿いの方は、勢力がどうなるかを必ず確認してください。

事態が大きくなるときは、毎回事前の確認が足りないケースが多いです。


後、気を付けるのは土砂崩れですね。

連続している雨と震災の影響もあると思います。

家の裏が補強されてなければ、避難所を活用してください。


台風の目にははいるの?

これは入りそうですね。

入るとさっきまでの暴風が嘘のように穏やかになります。青空が見えるくらいです。

ここで喜んで、外にでかけないように!


当たり前ですけど、やっちゃう方いるので(笑)

当たり前ですが、台風の中心です。すぐに暴風MAXになります。

私も小さい頃に喜んで出かけて、マジでぶっ飛びました。あれは危険です。


まとめ

震災後の余震も続いているので、九州本土には台風来てほしくなかったんですが・・・

十分に注意は怠らないでくださいね!

最期まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ