マダニによる感染症に注意!日本紅斑熱の症状と対処法とは?

pet_kayui





スポンサードリンク

 

こんにちは!身近なダニが怖いというお話です!!

本日、愛知県の豊田市で、日本紅斑熱の感染が確認されました。

マダニというダニから感染します。

正直??と思いましたが、調べてみると、結構危険な感染症だとわかったんです!

日本では、年間100以上の感染例が報告されています。

重症化すると大変なことになるので、色々調べてみました!

pet_kayui

症状と感染経路について!

  • 潜伏期間:2日~8日程度です。
  • 症状:頭痛、倦怠感、高熱、赤い発疹
  • 発症期間:4月~11月(マダニが活発的に活動する期間)
  • マダニの生息場所:野山や畑、草むらなど、ダニ類の生息場所

上記の症状に心当たりがある方は、医療機関へ受診をおすすめします!

草むらとか関係ないんだけどね?というあなた!!

動物に、ダニが付着する事がよくあります。

実際、マダニは牛、鹿、アライグマ、犬でも確認されています。

犬は非常に身近な動物ですよね?

全く無関係とは言えないのです。ダニ対策は重要なのです。

 

どうやったら防げるの??

感染症と言えば、インフルエンザなどでよくあるのが、ワクチンですよね。

小さい頃に予防接種とか、毎年受けていました。

実は、この日本紅斑熱にはワクチンは存在しないのです。

文明の力が借りれないとなると、個々で対応するしかありません。

対処法を纏めてみました。

  • 草が茂っているところには近づかない!
  • 茂みに突入する場合は虫よけ対策をする!肌の露出を抑える!
    長袖長ズボンが基本です!熱いですがここは我慢です!痩せるかもしれません。
  • 茂みに入るのは、ほとんどが農作業か、草刈りですよね?
    そのあとはサッパリとお風呂に入ります!
    ここで、全身を噛まれていないか、注意深く見てください!
  • もし、噛まれていたら、ピンセットで摘まんで取ってください。
    刺し口が長いので、深く食い込んでいるかもしれません。

対処法としてお伝えしてますが、少しでもおかしいな?と思ったら病院へ直行してください!!

重症化したら大変な事になります!!

 

ん?私が住んでる地域は大丈夫だよね??

実は、そうでもないんです。私も、最初は関係ない話と考えてました。

国立感染症研究所のホームページから抜粋します。2014年の情報です。

マダニは、既に患者が確認されている地域(宮崎、鹿児島、徳島、愛媛、高知、岡山、島根、山口、兵庫県)だけではなく、患者が報告されていない地域(三重、滋賀、京都、和歌山、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、栃木、群馬、岩手、宮城県、北海道)においても確認された。
出典:http://www.nih.go.jp/

日本では少ない感染症ですが、実は他人事ではないんです。

ダニが媒体なので、どこでも感染する可能性があるのです。

 

え?でも大袈裟じゃない?大したことないんでしょ?

私も、最初はそうたかをくくってました。

実は日本紅斑熱という症状は、四類感染症という部類に位置づけられています。

ピンと来ない方のために、ウィキペディアより抜粋します。

四類感染症
狂犬病、ジカウィルス症、デング熱、鳥インフルエンザ、日本脳炎、マラリア、ジカウィルス感染症、炭疽、発しんチフス、ボツリヌス症 ウィキペディアより一部抜粋

最近だと、デング熱は日本でも有名になりましたよね。

他の症状も聞いた事のあるものばかりです。

すべては紹介しておりませんが、他にも聞いた事のある感染症ばかりでした。

 

甘く見てはいけない感染症なのです。

 

まとめ

色々と調べてみましたが、身近ではないけど、すぐ近くにある危険ですね。

知っていると知らないのでは、実際におきたときに対処ができないな?

と思いまして、お伝えすることにしました。

最期まで読んでいただきありがとうございます!

こういう事があったな?と頭の片隅にでも、残していただけたら嬉しいです!!

 

スポンサードリンク

こんな記事が読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ